このページではJavaScriptを使用しています

TOP» 最新の「旬」 一覧» 46年ぶりの訪問者

清内路、旬の情報

2010年06月15日

46年ぶりの訪問者

昭和30年代。清内路地区では夏休みの大学生が滞在し、勉学また住民との交流を行なっていた「学生村」事業が盛んでした。

当時のアルバムを見つけた東京都在住の松波省一さんが、懐かしい思い出の地を再び訪れようと先日2泊3日の行程でお越しになられました。

アルバムに写っていたのは、ある親子の写真と、村中の道路、梨野峠、この3枚。親子の写真は役場清内路支所の担当者が見て、住民の○○さんとすぐに判明。

この日は、松波さんとこの写真の女性とご対面。
どうも松波さんがお泊りになったお宅ではないようですが、昔話で大盛り上がりでした。特に「蜂の子」を食べさせられたことには辛い思い出で、今となっては印象的な思い出だったようです。

松波さんは近々奥様と再訪されるとのことでした。

●コメント

  • 学生村

    覚えています

    当時の木の机は 今でもありますね

    子どもだった 私は ちょっと複雑な気分でした

    我が家に見知らぬお兄さんが何日も泊まっているの

    で・・・

    でも 盆踊りは すごっかった にぎやかだったなあ 

    投稿者 : 豆吉 さん (06/17)

  • 豆吉さんコメントありがとうございます。
    現在の清内路も、当時のような「学生村」事業に活性化のヒントがあるのかもしれませんね。

    投稿者 : 清内路 さん (06/18)

 

●コメントを投稿

※村が不適切と判断したコメントは削除させていただきます。


最新の「旬」 の一覧へ戻る»

TOP» 最新の「旬」 一覧» 46年ぶりの訪問者