このページではJavaScriptを使用しています

TOP» 最新の「旬」 一覧» タイ王国の国家職員が視察に訪れました

清内路、旬の情報

2008年04月11日

タイ王国の国家職員が視察に訪れました

10日(木)、タイ王国の経済社会開発庁の職員(全員女性職員でした)が清内路村を訪れ、小規模自治体の現状を視察されました。今回の視察は、タイ王国のチュラロコーン大学と学術交流を行っている名古屋大学大学院国際開発研究科が橋渡しをしてくれました。
%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E8%A6%96%E5%AF%9F.jpg

福祉センターで、村長からあいさつに続き、担当職員(櫻井健さん)から村の取り組みが紹介されました。その後、清内路峠のおつけもので工場見学を行い、ふるさと村自然園で昼食を食べて帰られました。
福祉センターでは、ちょうど「飯田街道ひなまつり」中のためにお雛様が飾られており、珍しそうに記念撮影をされていました。

日本には多くの地域がありますが、3月のペルーからの視察団に続き、タイ王国の国家機関がこの清内路村を視察地に選んでくれたと言う事は、それだけ清内路村の取り組みに自信を持っていいんじゃないかと感じました。

●コメント

  • 村長さんはじめ、村の人達の熱意が伝わってきます
    、マスコミや、新聞、ラジオ、テレビ等で、注目
    されています、日本だけではなく、世界にまで、注目
    されようとしています、5年後、10年後の清内路を
    、何もお手伝いできませんが、応援しています。
    遠くをはかる者は富み、近くをはかる者は貧す
    それ遠きをはかる者は百年のために杉苗を植う。
    まして春まきて秋実る物においてをや。
    故に富有なり。近くをはかる者は
    春植えて秋実る物をも尚遠しとして植えず、
    唯眼前の利に迷うてまかずして取り
    植えずして刈り取る事のみ眼につく。
    故に貧窮す。

    投稿者 : 櫻井道丸 さん (04/13)

  • 櫻井道丸さん、いつも書き込みありがとうございます。
    「700人の村が光れば全国の村が勇気を持てる」と伊那食品工業㈱の社長さんからお言葉をいただきました。
    今は厳しい状況ですが、いつか清内路のような過疎地域…限界集落…と呼ばれるようなところの大切さに気付く時が来ると思っています。
    応援よろしくお願いいたします。

    投稿者 : 清内路村 さん (04/15)

 

●コメントを投稿

※村が不適切と判断したコメントは削除させていただきます。


最新の「旬」 の一覧へ戻る»

TOP» 最新の「旬」 一覧» タイ王国の国家職員が視察に訪れました