清内路村の歴史 

明治維新前は徳川氏の直領(天領)で、美濃の国久々里代官千村平右エ門の支配下にありました。明治元年名古屋藩取締となり、同2年には伊那県直轄になっています。明治8年には隣接する村と合併して米川村となりましたが、明治13年に独立しています。
明治18年山本村他4ケ村と合併した後明治22年に分離し、平成元年には村政100年を迎えています。

 

TOPページへ


お問い合わせ
〒395-0401
長野県下伊那郡清内路村375-1
電話  0265-46-2001
FAX  0265-46-2016
info@seinaiji.jp