このページではJavaScriptを使用しています

暮らしの情報

南信州清内路の空家・物件情報

空家情報

清内路の空家物件情報一覧はこちら»

清内路には「出づくり」と呼ばれる風習がありました。江戸時代から行われていたと思われるこの風習は、本宅と別宅(農作業専用)を持ち、冬の時期を本宅で生活し春から秋までを別宅で生活したことをいいます。別宅を「山の家」(出づくりの家)と呼び、農地の少ない村中から山の中に切り開いた農地のある所に家を建て、農作業や養蚕を行っていました。

現在、この別宅として利用されていた家は空家となり、農地も利用されない所が増えています。近年、この出づくりの家に移住される方がいます。

昔ながらの人間らしい生活をするには最高の空間と環境が整っています。
また、村内にも空家は多く、暖かい人柄で知られる清内路に移り住む人も増えています。正直、都会のような生活は全くできませんが、誰の心にも必ずどこかに眠っているはずの故郷を探しに、この清内路へ来てみませんか。

物件情報 物件情報 一覧へ戻る»