このページではJavaScriptを使用しています

TOP» 観光・みどころ» 文化» 清南寺

南信州清内路の観光情報・みどころ

清南寺

享保15年、飯田の善勝寺の掛所として許可され、翌16年に本尊を京都にお願いし、元文3年(1738)に本尊を迎えました。
またこの清南寺がある上清内路地区にはお墓が一つしかない「一山一墓」制です。どんなに仲が悪くても良くてもみんな一つのお墓に入ります。
亡くなっても、家族に友達に出会えるため、さみしくありません。
DSCF1502.JPG

P1050300.jpg

●アクセスマップ

※場所は大まかな場所を示しております。お出かけの際は、お問い合わせの上お出かけください。
※場所が特定出来ないものなどは清内路役場を示しております。
※この地図は拡大や縮小、移動が可能です。
※ご利用環境によっては表示が困難な場合がございます。

地図を広げる

元に戻す

TOP» 観光・みどころ» 文化» 清南寺

清内路からのお知らせ・行政情報

清内路の住民、Iターン者向け行政情報はこちら