このページではJavaScriptを使用しています

TOP» 観光・みどころ» 文化» 下清内路諏訪神社春季例祭

南信州清内路の観光情報・みどころ

下清内路諏訪神社春季例祭

毎年4月25日に行われる。
下清内路諏訪神社では「神楽ばやし」(現在は実施していない)と「稚児の舞」「浦安の舞」が披露される。「神楽ばやし」は猿田彦(天狗面)細女(おかめの面)の2人が面白おかしく舞う。「稚児の舞」では小学1・2年生の子供たちが鈴を持ち揃いの装束で踊る。「浦安の舞」は小学5・6年生の女子が舞う。
(稚児の舞)
2.jpg
(浦安の舞)
P1040125.jpg
DSC_0604.jpg

●アクセスマップ

※場所は大まかな場所を示しております。お出かけの際は、お問い合わせの上お出かけください。
※場所が特定出来ないものなどは清内路役場を示しております。
※この地図は拡大や縮小、移動が可能です。
※ご利用環境によっては表示が困難な場合がございます。

地図を広げる

元に戻す

TOP» 観光・みどころ» 文化» 下清内路諏訪神社春季例祭

清内路からのお知らせ・行政情報

清内路の住民、Iターン者向け行政情報はこちら