このページではJavaScriptを使用しています

TOP» 観光・みどころ» 食べ物» あかねちゃん

南信州清内路の観光情報・みどころ

あかねちゃん

財政が逼迫し暗雲立ち込めた時、村長が発案した焼焼。清内路の伝統野菜である清内路あかねを利用したこの焼酎は、マスターソムリエからこれほど個性の強い焼酎はないと評価されています。甘いものやまんじゅうなどとの相性が良い不思議な焼酎です。
2007/10/27 樽出し「大人になったあかねちゃん」が初めて販売されました。大変好評で、限定280本が4日間で売り切れ、その後も販売から10日間足らずで完売となっています。まさに幻の焼酎です。

予約は、長田屋商店(0265-46-2255)またはJA清内路店(0265-46-2037)まで
akane01.jpg

「あかねちゃん」っていったいどういう焼酎なの?

清内路といえば「清内路峠」「一番清水」「花桃」「ミズナラ」というイメージがわくかもしれません。
その一方で清内路といえば「あかねちゃん」と答える人が増えてきています。
けれども、ひょっとしたら「あかねちゃん」自体を見たことがある人は少ないかもしれません。。
というのも実はこの「あかねちゃん」・・・「幻の焼酎」なのです。
「えっ? 幻の焼酎なの?」と気になったそこのあなた、さっそくこのページで「あかねちゃん」について紹介することにします。
そもそも「あかねちゃん」というのは、清内路で獲れる「アカネダイコン」のことでつまり大根なのです。
「えっ!? 大根で焼酎ができるの?」と不思議に思う人もいることでしょう。一般的な焼酎の原料といえば芋を筆頭に麦やソバそして米などがそうだからです。
実は昔から清内路は谷あいの村のため、雪に閉ざされる冬場に食料を調達するために普通食べられているような漬物よりも塩辛い味付けで漬物を漬けることが続いていきました。そしてその材料として最も多く使われたのが「アカネダイコン」だったのです。そしてこの「アカネダイコン」は清内路と相性がよく、ほかの地方ではなかなか赤くならないのに清内路で育てると真っ赤に染まるのです。ですので漬物というと真っ赤なアカネダイコン漬けが清内路では主流なのです。 akane02.jpg

●関連情報
●アクセスマップ

※場所は大まかな場所を示しております。お出かけの際は、お問い合わせの上お出かけください。
※場所が特定出来ないものなどは清内路役場を示しております。
※この地図は拡大や縮小、移動が可能です。
※ご利用環境によっては表示が困難な場合がございます。

地図を広げる

元に戻す

TOP» 観光・みどころ» 食べ物» あかねちゃん

清内路からのお知らせ・行政情報

清内路の住民、Iターン者向け行政情報はこちら