このページではJavaScriptを使用しています

南信州清内路の観光情報・みどころ

清内路関所跡

当時、関所は日本全国で53ヶ所定められ、信州では7ヶ所が定められた。清内路関所...

「清内路関所跡」の詳細はこちら»

山頭火

山頭火は放浪流転を繰り返し、各地で旅の人生を送りました。清内路には昭和9年に訪れ...

「山頭火」の詳細はこちら»

観音講

毎年4月27日に行われる。三十三体の観音様がきれいに飾られます。 ...

「観音講」の詳細はこちら»

出づくり

下清内路地区に見られる全国でも珍しい独特な文化です。集落内付近には耕地が少ないた...

「出づくり」の詳細はこちら»

清南寺

享保15年、飯田の善勝寺の掛所として許可され、翌16年に本尊を京都にお願いし、元...

「清南寺」の詳細はこちら»

清内路街道

開設されたのは永年時代(約500年前)頃と伝えられ、公用物の継立の道であり朱印状...

「清内路街道」の詳細はこちら»

街並み

江戸時代、清内路は「おいらん煙草」と呼ばれる一級品の煙草を製造し、江戸や京の都...

「街並み」の詳細はこちら»

不動尊祭り

毎年4月28日に行われる。信者が滝に打たれてみそぎをします。 ...

「不動尊祭り」の詳細はこちら»

手づくり花火(秋季例祭奉納煙火)

古くは、享保16年上清内路・下清内路両諏訪神社社堂の再建にも奉納している。飢饉の...

「手づくり花火(秋季例祭奉納煙火)」の詳細はこちら»

下清内路諏訪神社春季例祭

毎年4月25日に行われる。 下清内路諏訪神社では「神楽ばやし」(現在は実施してい...

「下清内路諏訪神社春季例祭」の詳細はこちら»